審査なしのetcカードの注意点


審査なしのetcカードの注意点

盗難の可能性

審査なしのetcカードでも、クレジットカードの追加カードとして発行してもらえるetcカードでも、本人確認をすることなく車載器に挿入すればサッと料金所を通過できるetcカードは、車内に放置せずにお財布の中に入れて現金のように扱うことが必要です。車に乗る時に使うカードだからと車内に放置していると、外から見えてしまうと盗難の被害にあう可能性がありますし、高額な通行料金が発生する原因にもなってしまいます。犯罪の被害者にならないためには、自分にできる最善の策を講じることが必要なのです。

熱に弱い

etcカードには中の磁気テープに銀行口座などの情報がデータ管理されています。人間が快適に生活できる常温なら、特別な管理方法や保管方法などはありませんが、車の中は季節によっては尋常ではない高温になってしまうことがあり、場合によっては磁気テープがダメージを受けてデータエラーの原因になってしまいます。データエラーになると、カードの見た目は変わりなくても車載器に入れてもカードを認識しなかったりするので、etcカードとして使うこともできませんし割引が適用されることもなくなってしまいます。

走行中の抜き取りはNG

etcカードは、高速道路の通行料金を支払うためだけのカードなので、一般道路しか走らない場合にはetcカードは必要ありません。安全のために、高速道路を利用することが分かっている場合には車を走らせる前にetcカードも挿入したほうが良いのですが、走っている途中に高速道路に乗ることにして、走りながらetcカードを挿入しても問題はありません。ただし、運転している人がカードを挿入すると、不注意運転になってしまうので、同乗者にお願いしましょう。

また、料金所の直前でカードを挿入したり抜いたりすることは、etcカードの誤作動やデータ消失などのリスクを伴うので避けるようにしましょう。最悪の場合には、カードに情報が入っていないために使用不可となってしまうこともあります。