出口が料金所のみの場合の対処法


出口が料金所のみの場合の対処法

小さな有料道路に多い

高速道路に乗る時にetcカードを使うと、カードに必要なデータが登録されるため、入り口で高速道路通行券は発行されませんし、ゲートを通過する時に減速するだけでスムーズに高速道路の料金所を通過することができます。ETCのシステムは全国各地で導入されているので、東名高速道路など大きな高速道路ならほとんどの料金所に設置されていて、出口でもetcカードを利用することができます。しかし、高速道路の中には小さな有料道路に分岐している部分もあり、入り口ではetcカードで入ったけれど、出口付近の料金所ではETCゲートがなく料金所しかないという場合もあります。

料金所でもetcカードが使える

出口にETCゲートがなく料金所のみの場合には、料金所の窓口で入り口ではETCカードを使った旨を告げ、入り口で使ったetcカードを提出します。カードの中に入場のデータが入力されているので、窓口ではそこから必要な料金を割り出して、etcカードでの支払いが可能となります。

ETCではない入り口を通過した場合にはどうする?

逆の場合もあります。小さな有料道路でETCゲートがついておらず窓口のみという入り口を通過する場合、通行券を受け取る窓口でetcカードを手渡すと、そこで入場の情報を入力してもらうことができます。そのカードを車載器に挿入すればETCゲートから入場したことと同じになるので、出口ではそのままETCレーンから出ることができます。

etcカードでの精算ができない場合

大都市の周辺では、ETCに対応していない入り口でも、大半はetcカードでの精算に対応してもらえます。しかし、地方に行くと料金所自体がETCに未対応となっている場合があり、その場合にはetcカードを出しても読み取る機械が設置されていないので、etcカードでの精算ができません。もしお財布に現金がゼロだった場合、トラブルの原因にもなるので注意しましょう。