etcカードの利用で領収書はどうなる?


etcカードの利用で領収書はどうなる?

その場では発行されない

料金所で通行料金を支払う場合には、その場で領収書を発行してもらうことができます。必要ない場合には必要ないと言えば窓口の担当者が始末してくれますし、最近ではゴミを増やさないために「領収書は必要ですか?」と聞いてくれる親切な料金所も増えています。etcカードを使って高速道路の料金所を通過する場合には、無人のETCレーンを通過しますし、車が停止するわけではなく減速するだけでノンストップで通過できるため、領収書がその場で発行されることはありません。

利用証明書を発行

社用などで高速道路を利用する場合などには、後から精算するために領収書が必要になることもあります。その場合、料金所で領収書を受け取ることはできませんが、WEBを使って高速道路利用証明書を発行してもらうことができるので、それを領収書代わりにすることになります。利用証明書というのはETC利用照会サービスを使って何月何日にどこからどこまで利用して料金はいくらだったのかという情報が記載されているもので、勤務先で精算する際にはその利用照会サービスをプリントアウトしたものが領収書の代わりとなります。

ETC利用照会サービスで必要な情報

ETC利用照会サービスを利用する際には、利用した自動車のナンバープレート番号が必要となります。これは、ETCゲートでは自動車の車種によってかかる通行料金が異なるという点と、ゲートでは車載器にetcカードが挿入されているかどうかを認識することはできても、誰のetcカードが挿入されているかという点で管理されているわけではないため、ナンバープレートが分からないと利用照会サービスも使用することができません。自分の自動車を使った場合にはナンバープレートは暗記していることが多くても、営業車やレンタカーなどを使う場合には、きちんとナンバープレートをどこか分かりやすい所に控えておくように注意してください。このETC利用照会サービスの利用は完全無料ですし、プリントアウトは自宅や職場などどこからでも行うことができます。